耐震リフォームの費用相場は?

耐震リフォームの費用について解説しているページです。予算ごとにどのような耐震工事ができるかも紹介しています。

平均的な工事費用はいくら…?

耐震リフォームにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?もちろん建物の規模や種類、リフォームを行う業者によって費用にはばらつきがありますが、あるデータによれば耐震リフォームの平均的な費用は152万円程度と言われています。

この数値は建物全体のリフォームだけでなく、部分的な補修の費用も含んだ数値です。

もちろん予算は限られていますから、優先すべき部分を選んだほうがより効率的なリフォームができるでしょう。

耐震強度の低い家には、壁の量が少ない、壁の入れ方が悪い、腐食などで柱がもろくなっているなどの共通した弱点があります。こうした部分を補強するだけでも家屋の耐震強度は上がりますし、費用も100万円以下に押さえられます。

しかし、部分的な補修だけでは全体的なリフォームに比べて耐震強度の向上の度合いはどうしても劣りますし、補強した壁を支えるために結局基礎部分も補強しなくてはならない、といったように、家屋のバランスから言っても一部だけの補強では不十分な場合があります。

耐震リフォームには助成金や融資制度が使えるので、そちらも調べてみるといいでしょう。

予算ごとにできる耐震工事をチェック!

以下に、予算ごとにどのような耐震工事ができるのかを一覧にしてみました。「耐震リフォームには興味があるけれど、予算が心配…」という人はぜひ参考にしてみてくださいね。上で紹介した平均予算をずいぶん下回る費用でも可能な工事がたくさんあります!

7万~12万円程度…壁補強耐震工事

壁の補強工事であれば、1箇所につき7万~12万円程度でできます。この工事の内容としては、壁材を耐震用のものに交換したり、耐震のための部材を壁に入れたりするのが一般的です。

外壁側ではなく、室内側から部材の設置をすれば、より費用を抑えられる傾向にあるようです。

40万~60万円程度…基礎耐震工事

住宅の基礎に鉄筋が入っていない場合、一般的には、基礎コンクリートの外側を一部取り除いて、鉄筋入り基礎コンクリートの増設工事を行います。

この工事なら、40万~60万円程度でできるようです(周囲の地盤が鉄筋コンクリートやタイルの場合には別途必要)。

40万~80万円程度…塀耐震工事

石を積み上げた仕様のブロック塀は、地震の影響で倒壊する可能性があり、とても危険です。塀耐震工事では、鉄筋入りのブロックは数段にして、上部をアルミフェンスにすることによって倒壊の危険性を減らします

この工事なら、40万~80万円程度で済むようです。

140万~260万円程度…屋根軽量化耐震工事

屋根の重量が大きいと、地震で家が倒壊する可能性も高くなると言われています。屋根軽量化工事では、和瓦などの重い屋根材をセメントや金属の軽い屋根材に葺き替えて、崩壊の可能性を低くします

使用する屋根材によって変動はありますが、およそ140万~260万円の予算で工事できるようです。

3千円程度…柱・土台補強耐震工事

最後に、柱・土台の補強であれば、1箇所につき3千円程度(外壁補修費用は別途)で工事が可能です。

在来工法の場合、組んだ木材同士の連結が地震の影響で崩れてしまう「ほぞ抜け」が発生することがあるのですが、土台や柱、梁を金具で連結することにより、この「ほぞ抜け」を防ぐことができるのです。

すべてを一気に補強しようとすると、どうしても費用がかさんでしまいます。まずは無理のない予算の中で、できるだけ費用対効果の高い補強工事から進めていくことも重要ではないでしょうか。

安心・安全な暮らしを送るために、ぜひ検討してみましょう!

耐震で全面改修するときの費用

当然のことですが、より強固な耐震リフォームを行うためには、部分的な補修よりも多くの費用が必要となります。

例えば、屋根瓦の素材をより軽量なものに取り替える工事はおよそ100万円、外壁の補強はおよそ195万円といった金額ですが、全体的なリフォームとなると1000万円程度の費用になると思ったほうがいいでしょう。

強固な耐震リフォームを行うには、建物のさまざまな部分を補修しなくてはならないからです。例として、築50年、木造2階建ての家のリフォーム内容を見てみましょう。

  • 解体
    床、壁、天井を剥がします。
  • 基礎補強
    基礎部分に鉄筋を埋め込みます。
  • コンクリート打設
    布基礎と新しい基礎を一体化させ、強度を増します。
  • 金物の補強
    柱と土台や梁をつなげている金物を交換します。
  • 壁や床の補強
    強度の不十分な金や床に構造用合板を入れて補強します。

全体的なリフォームはこのような感じです。確かに費用は大きくなりますが、それに見合った強度、そして安心を得られることでしょう。

費用が心配なばあいは減税措置や助成金もあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

耐震工事はリフォームと一緒に

古い木造の家は、概して耐震強度に不安があるもの。また古い家であれば、耐震強度は別にしても汚れなども気になるところでしょう。

では、どうせなら耐震工事と家のリフォームを同時にやってしまいましょう!耐震工事は自身に対する耐久度を上げるための大切な工事ですが、実はそれだけでは不十分な場合があるのです。

木造住宅のばあい、いくら壁や床がバランスよく配置されていて一見耐震強度が高いように見えても、建材がシロアリの食害にあっていると意味がありません。

こうしたシロアリやキクイムシによる食害はリフォームの際のチェック時に見つかることも多く、リフォームと耐震工事を同時に行うことにはこのようなメリットもあるのです。

ふたつの工事を別々にやるのと比べれば費用も手間も抑えられますし、家の使い心地も一気に向上するのでおすすめです。

まずは業者に問い合わせ、リフォームと耐震工事を同時にやってほしい旨を伝えましょう。

東京で優れた実績をもつ
耐震リフォーム業者をチェック

実績でわかった!信頼できる東京のリフォーム会社 我が家の耐震度を診断

実績でわかった!
信頼できる東京のリフォーム会社 Best3

  • NO,2

    三井のリフォーム

    三井のリフォーム
    実績
    件数
    年間2,000件

    対応範囲:北海道から九州まで日本全国の各エリア

    公式HPへ
  • NO,1

    ヤマヒサ

    ヤマヒサ
    実績
    件数
    年間3,000件

    対応範囲:北海道、東京都、名古屋県、石川県、大阪府

    公式HPへ
  • NO,3

    クラフトスピリッツ

    クラフトスピリッツ
    実績
    件数
    年間1,700件

    対応範囲:東京・神奈川・千葉全域

    公式HPへ