東京のリフォーム会社選び方ガイドHOME » 今から備えて!東京で耐震リフォームのススメ » 東京都での耐震リフォームの施工事例をチェック!

東京都での耐震リフォームの施工事例をチェック!

耐震リフォームは日頃から住んでいる家を改築する大掛かりなもの。特に初めてリフォームを行うばあい、どんな感じになるのか不安だという人も多いでしょう。そこでここでは東京都における耐震リフォームの実例を見ていきましょう。

部分補修の施工事例

では実際に施工事例を見ていきましょう。

東京都北区の事例

  • 構造:木造2階建て
  • 工期:15日間
  • 価格:不明

主に基礎部分の補修を行いました。基礎部分のひび割れに薬剤を注入して補強の他、壁は仕上げ材を解体した上で断熱材を入れたりクロスを張ったりしています。

東京都北区の事例

  • 構造:木造2階建て
  • 工期:1ヶ月
  • 価格:不明

主に耐震壁の追加を行いました。洋室の窓を潰して壁や柱を補強したほか、和室の壁に補強壁を入れたり、屋根瓦の張替えによる補強と軽量化も行いました。

セイフティルーム「シェル太くん」の導入

  • 構造:不明
  • 工期:短期
  • 価格:不明

「シェル太くん」は、株式会社ヤマヒサが提供しているひと部屋だけを耐震強化できるシステムです。築年数に関係なく施工可能で、工事も短い期間で終わるのでおすすめです。

全面改修の施工事例

ここでは、全面改修の事例について見ていきましょう。

北海道の事例

  • 構造:4LDK
  • 工期:4ヶ月
  • 価格:1147万円

リビング、キッチン、ダイニングなどの全面改修を行いました。LDKの中央に耐震補強として施した筋交いも、補強だけでなくインテリアとしても優れたデザインになっています。

東京都の事例

  • 構造:一戸建て
  • 工期:180日
  • 価格:1890万円

外装、内装、設備をまるまる改装しました。断熱材を充填したほか、キッチン周辺に水回りを固めることで利便性も高めています。

耐震補強の方法例

耐震補強の工事は、どのようにして行われているのでしょうか?具体的な工事内容を見ていきましょう。まず、耐震工事の代表的なものと言えば基礎部分の補強です。土台との一体化、基礎の増し打ちなどを行って耐震強度を向上させます。

接合部の補強も大切です。土台や柱、梁などを専用の金具を用いて一体化させます。しかしこれだけでは不十分なので、壁の補強も行います。窓が多すぎるばあいはそれを減らし、筋交いや構造用合板で補強を行います。また、耐震診断の結果によっては屋根瓦を取り替えることもあります。

これによって屋根を軽くして、地震が起こった際に建物全体が倒壊しにくくするのです。しかし、こうした耐震工事を家全体に施すとなると、やはり工賃がそれなりの金額になってしまいます。ですがやはり十分な安全性は確保しておきたい……。そうした、費用を抑えつつ安全性を手に入れたいという要望に応えられるのが、最近人気を集めている耐震シェルターです。

この耐震シェルターは、全面改修に比べると低コストで実施できる上に、家屋の築年数に関係なく施工可能という大きな利点があります。ダブルロック工法による頑強な設計は、万が一家屋が倒壊するレベルの地震が起きたときでも鉄骨構造部分を確保できるのです。

東京で優れた実績をもつ
耐震リフォーム業者をチェック

実績でわかった!信頼できる東京のリフォーム会社 我が家の耐震度を診断

実績でわかった!
信頼できる東京のリフォーム会社 Best3

  • NO,2

    三井のリフォーム

    三井のリフォーム
    実績
    件数
    年間2,000件

    対応範囲:北海道から九州まで日本全国の各エリア

    公式HPへ
  • NO,1

    ヤマヒサ

    ヤマヒサ
    実績
    件数
    年間3,000件

    対応範囲:北海道、東京都、名古屋県、石川県、大阪府

    公式HPへ
  • NO,3

    クラフトスピリッツ

    クラフトスピリッツ
    実績
    件数
    年間1,700件

    対応範囲:東京・神奈川・千葉全域

    公式HPへ