耐震リフォームはどうやって進めればいい?

阪神・淡路大震災をはじめとする大地震の被害から、近年では耐震リフォームの必要性が叫ばれるようになってきました。しかし、中にはどのようにして耐震リフォームを進めればいのかわからないという人も少なくないでしょう。そこでここでは、耐震リフォームの進め方について見ていきましょう。

耐震リフォームの進め方

耐震リフォームはどのような流れになっているのでしょうか?ここではそれについて、4段階に分けて見ていきましょう。

  1. 耐震診断を受ける
    リフォームを行ってくれる工務店や設計事務所などに依頼して診断を受けます。この時点で、予算や疑問点についてよく話し合っておくことが大切です。
    診断は一般診断と精密診断に分かれています。診断は無料でやってくれるのかどうかも事前に調べておきましょう。建築基準法の改正によって、家屋だけでなく地盤のチェックも義務化されています。
    耐震診断は業者によって多少の違いがあるようなので、複数の業者に診断を受けるのがいいでしょう。
  2. 工事計画を立てる
    診断の結果、地震の時に倒壊の可能性があると見られたばあい、次は計画を立てます。工事の費用や期間だけでなく、工事中の引っ越しについてもしっかり計画を立てておきましょう。
  3. 工事の契約
    計画が完成したら、次は工事の契約を行います。打ち合わせした内容と違いがないか、工事費用は妥当か、工事期間は適切かなどを入念にチェックしておきましょう。この段階ですべての疑問を解消しておきましょう。
  4. 施工開始!
    契約が終了すれば、いよいよ工事が始まります。

耐震リフォームを進める上で注意すべきことは?

いざ耐震リフォームをしてみようと思い立っても、なかなか足を踏み出せない人は多いでしょう。現在ではたくさんの業者が耐震リフォームを行っているので、その中から一つの業者を選ぶのは難しいという人や、業者の中には詐欺まがいの悪徳業者がいるかも……と言う不安を抱えている人もいると思います。そこでここでは、よい業者と悪い業者を見分けるポイントを見てきましょう。

  • 登録されている業者、資格を持っている業者を選ぼう!
    市区町村によっては、トラブル回避のためにリフォーム業者を登録しているばあいがあります。
    まずはこの登録があるかどうかを確認してみましょう。この登録システムが自分の住んでいる市区町村にないばあいは、耐震診断・耐震改修技術者としての資格を持っているかをチェックするのも有効です。
  • 実績を確認しよう!
    リフォーム依頼を考えている業者の実績を調べるのも大切なポイントです。
    派手な広告に引かれて見てみたら、ろくに実績のない業者だった……というケースは珍しくありません。合わせて口コミなども調べてみると、本当に信頼できる業者が見えてくるでしょう。
  • 悪質な業者の見分け方
    残念なことですが、リフォーム業者の中にはやはり悪質なものも存在します。調査美当日に工事に着工しようとする業者は怪しいと言わざるを得ません。
    耐震診断では基本的に診断当日にすべての必要箇所が判明することはないからです。また、不安を煽ってくるような業者も要注意です。いくら耐震工事を行っていても、その工事に用いられた材料に耐震効果がなかったら意味はありません。適切な工法で工事を行っているか、工事に用いられた製品は信頼できるものかも重要なポイントです。
実績でわかった!信頼できる東京のリフォーム会社 我が家の耐震度を診断

実績でわかった!
信頼できる東京のリフォーム会社 Best3

  • NO,2

    三井のリフォーム

    三井のリフォーム
    実績
    件数
    年間2,000件

    対応範囲:北海道から九州まで日本全国の各エリア

    公式HPへ
  • NO,1

    ヤマヒサ

    ヤマヒサ
    実績
    件数
    年間3,000件

    対応範囲:北海道、東京都、名古屋県、石川県、大阪府

    公式HPへ
  • NO,3

    クラフトスピリッツ

    クラフトスピリッツ
    実績
    件数
    年間1,700件

    対応範囲:東京・神奈川・千葉全域

    公式HPへ